Real product

Real product

複合施設の総合プロデュース

  • 「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーとクアラルンプール」
  •   マーケティング調査業務
  •  コンサルテーション期間 2017年5月~現在進行中
  •  開業時期   2021年開業予定
  •  規模     売場面積 約25,000坪
  •  事業主体   三井不動産株式会社
  •   クアラルンプール中心市街地の大規模複合開発「ブキッ・ビン
  •   タン シティ センター プロジェクト」の中核施設となる商
  •   業施設「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーとクアラ
  •   ルンプール」計画において、周辺居住者特性や競合施設動向等
  •   のマーケット調査をおこない、計画地の課題や可能性の導き出
  •   しをおこなう。
  •  
  • 「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」
  •   MDプラン アドバイス業務
  •  コンサルテーション期間 2017年4月~現在進行中
  •  開業時期   2020年開業予定
  •  規模     売場面積 約18,200坪
  •  事業主体   三井不動産株式会社
  •   海外初のららぽーととして2020年開業予定の「(仮称)三
  •   井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋」計画において、
  •   MDプラン、MDゾーニング等についてのアドバイス業務を行
  •   う。周辺居住のファミリー層や周辺オフィスワーカー等を主な
  •   ターゲットとし、飲食ゾーンや体験型アミューズメント等の時
  •   間消費型MDからデイリーユースに便利な店舗まで約200店
  •   舗で構成される計画である。
  •  
  • 「イトーヨーカ堂葛西店」
  •   リニューアル計画 MDプランニング業務
  •  コンサルテーション期間 2016年5月~2016年7月
  •  開業時期   2017年春~(段階的リニューアルオープン予定)
  •  規模     売場面積 約9,000坪
  •  事業主体   株式会社モール・エスシー開発
  •   立地ポテンシャルのある大型イトーヨーカ堂店舗のアリオへの
  •   転換プロジェクトの第一弾施設。地域特性と時代ニーズにマッ
  •   チしたリニューアルコンセプトの立案、MD計画、環境へのア
  •   ドバイス等をおこなう。
  •  
  • 「川崎アゼリア」リニューアルプロデュース業務
  •  コンサルテーション期間 2013年8月~2017年3月
  •  開業時期   第一期 2015年7月
  •         第二期 2016年3月(グランドオープン)
  •  規模     売場面積 約3,372坪
  •  事業主体   川崎アゼリア株式会社
  •   1986年開業し、1日30万人の通行量がある川崎駅東口地
  •   下街「川崎アゼリア」の前面リニューアルを2回の段階的改装
  •   により実行。旧来型の地下街から脱却し、新たなショッピング
  •   ステージをゼロから作る大型プロジェクトである。弊社は、リ
  •   ニューアルをプロデュースする役割で、マーケティングリサー
  •   チ・リニューアルプラン作成・MD計画から、テナントリーシ
  •   ングに至るまで、Dev.と二人三脚で取り組み、リニューア
  •   ル後の売上増を目指している。
  •  
  • 「札幌ステラプレイス」
  •   運営・プロモーションのコンスルティング業務
  •  コンサルテーション期間 2003年3月~現在進行中
  •  規模     延床面積 58,000㎡
  •         売場面積 30,000㎡ (216店舗)
  •  事業主体   札幌駅総合開発株式会社
  •   2003年3月6日に開業したJR札幌駅の商業施設「ステラ
  •   プレイス」の運営・テナント管理・宣伝広告等プロモーション
  •   活動に対する定期的コンサルティング業務を遂行。
  •   また、3周年、5周年、10周年の節目に行なったプロア改装
  •   のリニューアル計画及びリーシング業務をおこなう。
  •  
  • 「パセオ」運営・プロモーションコンサルティング業務
  •  コンサルテーション期間 2012年3月~現在進行中
  •  規模     売場面積約5,700坪
  •  事業主体   札幌駅総合開発株式会社
  •   2011年に全面改装したJR札幌駅の商業施設「パセオ」の
  •   運営・テナント管理等に対する定期的コンサルティング業務を
  •   遂行。
  •  
  • 「なんばCITY」(大阪・難波)
  •  南館・本館 B2F リニューアルプロデュース業務
  •  コンサルテーション期間 2013年4月~2014年4月
  •  開業時期   2016年春
  •  規模     売場面積 約5,000坪
  •  事業主体   南海電気鉄道株式会社
  •   難波エリアで老舗SC(1978年開業)となる、「なんばCI
  •   TY」は2011年~2012年に本館リニューアルを実施し
  •   たが、第ニ段のリニューアル計画が当業務である。集客力の弱
  •   い本館B2階と現状では本館の端にある南館の耐震補強工事に
  •   合わせた館のMD切り換えを実施する予定。弊社はマーケティ
  •   ング調査・MD戦略・MD計画・リーシング業務を一括してプ
  •   ロデュースする。
  •  
  • 「セントラルパーク」(名古屋)リニューアルプロデュース業務
  •  コンサルテーション期間 2013年3月~2014年3月
  •  開業時期   第一期 2014年秋 第二期 2014年3月
  •  規模     売場面積 約3,100坪
  •  事業主体   株式会社セントラルパーク
  •   1977年に開業した名古屋栄エリア中心部の地下街「セント
  •   ラルパーク」の全面リニューアルを2回の段階的改装により実
  •   行するプロジェクト。このプロジェクトでは弊社がリニューア
  •   ルをプロデュースする役割で、マーケティングリサーチ・リニ
  •   ューアルプラン作成・MD計画から、テナントリーシングに至
  •   るまで、Dev.と二人三脚で取り組み、リニューアル後の売
  •   上増を目指している。
  •  
  • 「横浜赤レンガ倉庫」
  •  館MD戦略の策定 及び コンサルティング業務
  •  コンサルテーション期間 2013年1月~2014年3月
  •  事業主体   株式会社横浜赤レンガ
  •   都市型観光地として年間800万人が訪れる“みなとみらいエ
  •   リア”において「横浜赤レンガ倉庫」のポジションを明確にす
  •   る「館MD戦略」を策定。この「館MD戦略」に基づいた施設
  •   運営に関する全般的なアドバイス業務をおこなう。
  •  
  • 「ソラリアプラザ」リニューアル計画
  •  MDプランニング 及び リーシングコンサルティング業務
  •  コンサルテーション期間 2011年9月~2014年9月
  •  開業時期   2012年10月~順次リニューアル予定
  •  規模     売場面積 約4,000坪
  •  事業主体   西日本鉄道株式会社
  •   博多駅エリア・天神エリアの競合が激化する中、開業20年が経
  •   過した「ソラリアプラザ」の大規模リニューアル計画において
  •   現状分析に基づいたリニューアルコンセプト及びフロア毎のM
  •   Dプランの策定、リーシングコンサルティング業務等をおこな
  •   う。
  •  
  • 中国成都 商業施設開発 MDプランニング計画業務
  •  コンサルテーション期間 2011年11月~2012年1月
  •  開業時期   2013年
  •  規模     商業施設内・専門店部分:約10,000万坪
  •  事業主体   成都泰然房地産有限公司
  •   経済発展都市として注目される中国四川省・成都市の新開発エ
  •   リア(天府新城)における新商業施設開発のMDプランニング業
  •   務を担当。大型の商業施設開発が複数進行する天府新城エリア
  •   内で選ばれる施設となるための、コンセプト立案、MD計画を
  •   おこなう。
  •  
  • 銀座プロジェクト マーケティング 及び MDプランニング業務
  •  コンサルテーション期間 2011年4月~2012年3月
  •  開業時期   未定
  •  事業主体   サッポロ不動産開発株式会社
  •   サッポロ不動産開発株式会社(旧・恵比寿ガーデンプレイス株
  •   式会社)が保有する銀座エリア物件の再開発計画において、銀
  •   座エリアのマーケティング及びMDプランニング業務をおこな
  •   う。
  •  
  • 三井不動産4大物件 リニューアル計画アドバイス業務
  •  コンサルテーション期間 2011年6月~2011年7月
  •  開業時期   2012年秋頃~
  •  事業主体   三井不動産株式会社
  •   2006年~2007年にかけて開業した三井不動産の4大物
  •   件(ラゾーナ川崎、ららぽーと横浜、ららぽーと豊洲、ららぽ
  •   ーと柏の葉)のテナント契約更改に向けたリニューアル計画に
  •   ついて、各施設で計画されているMDプランについてのアドバ
  •   イス業務をおこなう。
  •  
  • 日本生命大手町ビル MDプランニング業務
  •  コンサルテーション期間 2010年6月~
  •  開業時期   2014年秋
  •  規模     売場面積 約4,000坪
  •  事業主体   日本生命
  •   大手町の旧・AIGビルの建替え計画において、低層階で計画
  •   されている商業ゾーン展開について、周辺エリアマーケティン
  •   グ、MDプランの策定及びリーシング補助業務、ハードプラン
  •   へのアドバイス業務をおこなう。
  •  
  • 「札幌パセオ」リニューアル計画 
  •  MDプランニング及びリーシング業務
  •  コンサルテーション期間 2009年4月~2012年3月
  •  開業時期   2011年11月12日 グランドオープン
  •  規模     売場面積 約5,000坪
  •  事業主体   札幌駅総合開発株式会社
  •   1988年に開業したパセオの札幌駅エリアの吸引力拡大を目
  •   的とした大規模リニューアル計画において、現状分析に基づい
  •   たリニューアルコンセプト及びゾーニング計画等MDプランの
  •   策定、リーシング補助業務、ハードプランへのアドバイス業務
  •   をおこなう。
  •  
  • 中国四川省成都空港 店舗開発計画業務 
  •  コンサルテーション期間 2010年9月~2011年6月
  •  開業時期   2011年6月13日オープン
  •  規模     売場面積 約33坪
  •  事業主体   日本空港ビルデング株式会社
  •   中国6大空港の一つである「成都双流国際空港」において日本
  •   空港ビルデング㈱様の海外進出第一号店となるスーベニールシ
  •   ョップの業態開発を担当。コンセプト立案、MD計画、ハード
  •   プランへのアドバイス業務等をおこなう。
  •  
  • 羽田空港「第1旅客ターミナルビル」増床・リニューアル計画
  •  MDプランニング及びリーシング業務
  •  コンサルテーション期間 2010年9月~
  •  開業時期   2011年秋
  •  規模     売場面積 約4,500坪(既存)
  •  事業主体   日本空港ビルデング株式会社
  •   2010年10月に増床・リニューアルオープンした第2ター
  •   ミナルビルに次ぐ、第1旅客ターミナルビルの段階的リニュー
  •   アル計画において、MDプランニング、リーシング業務のほか
  •   、店舗運営や業種・業態構成全般のアドバイス業務を担当。
  •  
  • 「ラスカ茅ヶ崎店」増床及びリニューアル計画
  •  MDプランニング及びリーシング業務
  •  コンサルテーション期間 2010年8月~
  •  開業時期   2015年春
  •  規模     売場面積 約3,800坪
  •  事業主体   湘南ステーションビル株式会社
  •   2014年春に増床・リニューアルオープンを目指す「ラスカ
  •   茅ヶ崎店」において、地域性を活かしたMDのあり方、ビジョ
  •   ン策定、コンセプト検討等の業務をおこなう。
  •  
  • 「相鉄ジョイナス」「横浜地下街ザ・ダイヤモンド」
  •  大リニューアル計画マスタープラン策定業務
  •  コンサルテーション期間 2010年3月~2011年4月
  •  開業時期   2015年3月
  •  規模     売場面積 約10,740坪
  •  事業主体   株式会社相鉄ビルマネジメント
  •   相鉄が保有する相鉄ジョイナスと横浜地下街ザ・ダイヤモンド
  •   を一体化するための大規模リニューアルプランを策定する。2
  •   施設は横浜駅西口において長年商業核として好実績をあげてき
  •   たが、東京メトロ副都心線の東急東横線乗り入れを契機に集客
  •   力を増す横浜駅商業実現のためのプランニング業務をおこなう。
  •  
  • 「天満屋八丁堀店」業態転換プロデュース業務
  •  コンサルテーション期間 2010年4月~2010年7月
  •  規模     売場面積 約2,800坪
  •  事業主体   株式会社天満屋
  •   開業以来56年が経過する広島市内八丁堀にある天満屋(百貨
  •   店・本店岡山)の百貨店からファッションビルへの業態転換計
  •   画のプロデュースをおこなう。
  •  
  • 仙台空港 展望デッキ増築及び施設改修計画業務
  •  コンサルテーション期間 2009年12月~2010年3月
  •  開業時期   2010年3月19日オープン月
  •  事業主体   仙台空港ビル株式会社
  •  施設デザイン ジーク株式会社
  •   東北地方最大の空港である仙台空港における屋外展望デッキの
  •   増築及び館内設備の改修について、展望デッキを憩いの空間と
  •   して演出し、また館内設備をにぎわいある空間とするために、
  •   什器計画やサイン計画、アミューズメント施設等の商業環境計
  •   画をおこなう。
  •  
  • 東北自動車道路「羽生パーキングエリア」
  •  スーベニールショップ「旬撰倶楽部」 総合プロデュース業務
  •  コンサルテーション期間 2009年3月~2010年11月
  •  開業時期   2009年11月18日オープン
  •  規模     売場面積 約28坪
  •  事業主体   ネクセリア東日本株式会社
  •   株式会社ネクスコ東日本リテイル
  •  内装デザイン 藤森泰司アトリエ
  •   弊社総合プロデュースをおこなっている東北自動車道「羽生パ
  •   ーキングエリア」内で展開する、ネクセリア東日本株式会社の
  •   オリジナルスーベニールショップ「旬撰倶楽部」の総合プロデ
  •   ュースをおこなう。従来のSA・PAの土産物コーナーから進
  •   化した新しいショップづくりに向け、商品構成、仕入先開拓、
  •   オリジナル商品開発及び内装デザインをおこなう。
  •  
  • 羽田空港 「第2旅客ターミナルビル」増床・リニューアル計画
  •  コンサルテーション期間 2009年8月~
  •  開業時期   2010年10月
  •  規模     売場面積 約752坪
  •  事業主体   日本空港ビルデング株式会社
  •   2018年の国際旅客ターミナルビルのオープンにあわせた国
  •   内線第2旅客ターミナルビルの増床・リニューアル計画におい
  •   て、2008年より全体の商業マスタープランの策定に携わる
  •   。MDプランニング及び、物販、飲食、サービス業態15区画
  •   のリーシング業務も担当。
  •  
  • 羽田空港第1旅客ターミナルビル2Fマーケットプレイス前
  •  「スタースイーツ」総合プロデュース業務
  •  コンサルテーション期間 2008年8月~
  •  規模     売場面積約20坪
  •  事業主体   日本空港ビルデング株式会社
  •   羽田空港第1旅客ターミナルビル2Fのマーケットプレイス前に
  •   、羽田空港土産の新名所となるトレンドスイーツのミニ集積ゾ
  •   ーン「スタースイーツ」を計画。
  •   コンセプト立案、リーシング業務及び、ロゴデザイン、ポスタ
  •   ー・リーフレット制作、オープンイベント企画等の販促業務等
  •   、総合プロデュースをおこなう。
  •  
  • 羽田空港 「第2旅客ターミナルビル」増床及びリニューアル計画
  •  マスタープランニング、コンサルテーション業務
  •  コンサルテーション期間 2008年5月~
  •  開業時期   2010年10月
  •  事業主体   日本空港ビルデング株式会社
  •   2010年の国際線旅客ターミナルビルのオープンにあわせた
  •   第2旅客ターミナルビル(航空旅客者数8.8万人/日)のリニ
  •   ューアル計画において、全体の商業マスタープランの策定、増
  •   床部においては飲食ゾーンの業態戦略、ゾーニング計画をおこ
  •   なう。
  •  
  • 羽田空港 「第1旅客ターミナルビル」商業コンサルテーション業務
  •  「マーケットプレイス2・3F」リニューアル計画業務
  •  コンサルテーション期間 2008年2月~
  •  規模     延床面積 約4,500坪
  •  事業主体   日本空港ビルデング株式会社
  •   第1旅客ターミナルビル(航空旅客者数9万人/日)の段階的
  •   リニューアル実施に伴う、MD計画、テナントミックス、リー
  •   シング等のコンサルテーション業務をおこなう。第1旅客ター
  •   ミナルビルの中心にある商業スペース「マーケットプレイス」
  •   については、リニューアル戦略の策定、ターゲット設定、MD
  •   計画業務をおこなう。
  •  
  • 大宮ステラタウン リニューアル計画業務
  •  コンサルテーション期間 2007年12月~2008年7月
  •  規模     延床面積:約11,342坪
  •  事業主体   三井不動産株式会社・株式会社ららぽーと
  •         ・スバル興産株式会社
  •   2004年に開業した大宮ステラタウンの、オープン5年を迎
  •   えるにあたるリニューアル計画において、周辺地域の競合店へ
  •   の競合力をつけるために、プラン立案をおこなう。
  •  
  • 「横浜シァル」建替え計画 
  •  マーケティング調査及び仮説プランの策定
  •  コンサルテーション期間 2008年11月~2009年3月
  •  事業主体   株式会社 横浜ステーションビル
  •   乗降客数200万人のビックターミナル・横浜駅に立地する「
  •   横浜シァル」建替えに向けた仮説プランの策定業務をおこなう
  •   。マーケット調査よりMD展開を計画し、基本設計に向けた商
  •   業規模を想定する。
  •  
  •  
  • 「ウィング高輪」リニューアル コンサルテーション業務
  •  コンサルテーション期間 2007年11月~2008年9月
  •  規模     売場面積 イースト:約470坪
  •              ウェスト:約1,370坪
  •  事業主体   京浜急行電鉄株式会社
  •   開業25年を迎える品川駅前「ウィング高輪」の大規模リニュ
  •   ーアル実施に伴う、MD計画、テナントミックス、リーシング対
  •   応についてのコンサルテーションをおこなう。
  •  
  • 東北自動車道路「羽生パーキングエリア」リニューアル計画
  •  総合プロデュース業務
  •  コンサルテーション期間 2007年4月~2010年11月
  •  開業時期   2009年11月18日
  •  規模     延床面積:約620坪   売場面積:約250坪
  •  事業主体   東日本高速道路株式会社
  •         ネクセリア東日本株式会社
  •  建築デザイン (有)橋本夕紀夫デザインスタジオ
  •   東北自動車道の東京から2番目にある「羽生パーキングエリア
  •   」のリニューアル計画をプロデュースする。
  •   道路公団民営化後のSA・PA商業施設化プロジェクト「PA
  •   SAR」の第2段施設として、利用客のさらなる拡大を目指し
  •   、MD計画、リーシングに加え、ハードチームを組み施設計画、
  •   内装・設計監理をおこなう。
  •  
  • 「ららぽーと新三郷」開業計画
  •  マーケティング調査及び基本計画策定業務
  •  計画期間   2007年6月~2009年9月オープン
  •  敷地面積   約34,940坪
  •  売場面積   約17,500坪
  •  事業主体   三井不動産株式会社
  •   JR武蔵野線新三郷駅前に広がる52haの計画地に、コストコ
  •   ・ららぽーと・イケア・住宅が広がる「街づくり事業」におい
  •   て「ららぽーと新三郷」のマーケティングリサーチ、コンセプ
  •   トプラン、開発戦略、ターゲット設定、MD計画等の一連の商
  •   業基本計画をおこなう。
  •  
  • 「ららぽーと甲子園」 リニューアル計画業務
  •  計画期間   2007年1月~2008年
  •  売場面積   9,181坪
  •  店舗数    170店舗
  •  事業主体   株式会社ららぽーと
  •   2004年に開業したららぽーと甲子園(売上高183億円)
  •   の、オープン3年を迎えるにあたるリニューアル計画において
  •   、マーケティング調査をふまえたプラン立案およびコンサルテ
  •   ィング業務をおこなう。
  •  
  • NTT都市開発 「京都四条烏丸商業ビル」開発計画業務
  •  計画期間   2006年6月~2010年11月オープン
  •  店舗面積   約1,114坪 (予定)
  •  事業主体   NTT都市開発株式会社
  •   京都市四条烏丸交差点の旧UFJ銀行跡地において開発中の商
  •   業施設開発(2019年春開業予定)における、マーケティン
  •   グ調査およびテナントヒアリング業務をおこなう。
  •  
  • 「トルナーレ日本橋浜町」運営コンサルティング業務
  •  計画期間   2006年4月~
  •  規模     商業ゾーン15店舗
  •  事業主体   日本橋浜町三丁目西部地区市街地再開発組合
  •   昨年度弊社で商業ゾーンにぎわい計画をおこない、2005年
  •   9月にオープンした「トルナーレ日本橋浜町」の商業ゾーンに
  •   ついて、開業1年を迎えるにあたり、テナント会議や現状分析
  •   、イベント計画・販促計画等のプロパティマネジメント業務を
  •   おこなう。
  •  
  • 札幌駅前4SC(札幌ステラプレイス、アピア、エスタ、パセオ)
  •  MD戦略研究会コンサルティング業務
  •  計画期間   2006年3月~
  •  延床面積   4施設合計 105,329㎡
  •  店舗数    4施設合計 581店舗
  •  事業主体   札幌駅総合開発株式会社
  •   2005年10月に統合された札幌駅前エリアの4SC(札幌
  •   ステラプレイス、アピア、エスタ、パセオ)について、札幌駅
  •   エリアにおける統一したMD展開をおこなうためのMD戦略会
  •   のためのコンサルティング業務をおこなう。
  •  
  • 札幌ステラプレイス
  •  開業3周年リニューアル企画及びリーシング業務
  •  計画期間   2005年9月~2006年3月
  •  延床面積   58,600㎡
  •  売場面積   30,000㎡ (161店舗)
  •  事業主体   札幌駅総合開発株式会社(JR子会社)
  •   (リニューアルテナント 22店舗)
  •   2003年3月6日に開業したJR北海道による複合施設
  •   (280,000㎡ )の商業施設「ステラプレイス」が開業
  •   3周年を迎えるにあたり、リニューアル計画及び既存テナント
  •   退店交渉及びリーシング業務をおこなう。
  •  
  • 東京オペラシティ 商業ゾーンの現状分析及び活性化方策検討業務
  •  計画期間   2005年6月~2006年3月
  •  商業延床面積 3,114坪
  •   東京オペラシティのオープン10周年にあたり、商業関連施設
  •   の現状分析及びリニューアル計画を立案する。
  •  
  • 川崎西口商業開発計画「LAZONA川崎」構想案策定業務
  •  計画期間   2003年9月~2006年9月
  •  敷地面積   21,822坪
  •  売場面積   30,000㎡
  •  店舗数    287店舗
  •  事業主体   東芝不動産(株)  三井不動産(株)
  •  開業時期   2006年9月28日
  •   川崎駅とペデストリアンデッキで直結される東芝川崎工場跡地
  •   の大規模商業施設開発におけるMDプランニング業務を行う。
  •   関東地区でも屈指の開発規模となる計画に物販・飲食回教育機
  •   能を持たせた21世紀型のプランニングを構築する。またリー
  •   シングに対する補助業務を担当。
  •  
  • 中央区商店街活性化支援助成事業 人形町商店街振興プラン策定業務
  •  計画期間   2005年4月~2006年3月
  •  対象場所   日本橋人形町商店街周辺地域
  •  事業主体   東京都中央区、人形町商店街協同組合
  •   (4社企画提案競技により受託)
  •   中央区がおこなう商店街活性化支援事業として、3年後に10
  •   0周年を迎える人形町商店街に来街者を呼び込み、また隣接す
  •   る日本橋浜町再開発(商業環境にぎわい計画業務 進行中)人
  •   形町1丁目再開発等により予想される人口増加への対応力をつ
  •   け、日本橋地区の交流拠点としてより活性化させるためのプラ
  •   ンを策定する。
  •  
  • 名鉄百貨店レストラン街リニューアル企画業務
  •  計画期間   2005年3月~2006年9月
  •  対象売場面積 約560坪
  •  開業時期   2007年3月
  •   名鉄百貨店本館9階レストランフロアのリニューアル基本計画
  •   の策定、業態・テナント選定基準の設定、テナントミックス案
  •   の立案をおこなう。
  •  
  • 東京メトロ 駅広告整備調査
  •  計画期間   2004年12月~2005年3月
  •  開発主体   株式会社東京メトロ
  •   東京メトロ線の駅構内の有効利用及び視認性を高めるために、
  •   駅構内広告掲示についてのモデル駅における現状調査及び広告
  •   掲示方法の提案を行う。
  •  
  • TOKYO BAY ららぽーと 2010年リニューアル計画業務
  •  計画期間   2004年7月~
  •  対象売場面積 37,000坪
  •  開発主体   三井不動産株式会社 株式会社ららぽーと
  •  開業時期   2010年リニューアルオープン
  •   日本で最大規模の郊外ショッピングセンターであるTOKYO
  •   BAYららぽーとの2010年に「新生ららぽーと」として生
  •   まれ変わる大規模リニューアル計画のマーケティングリサーチ
  •   とMDプランニングを分析・立案する。
  •  
  • 札幌駅前エリア 4社統合に伴うMD戦略プラン
  •  計画期間   2004年9月~
  •  対象施設   アピア、エスタ、パセオ、ステラプレイス
  •  規模     述床面積 4施設合計:21,447坪
  •  店舗数    4施設合計 614店舗
  •  事業主体   札幌駅南口開発㈱
  •   2005年度予定される札幌駅地下街開発㈱(アピア)、札幌
  •   ステーション開発㈱(パセオ)、札幌ターミナルビル㈱(エス
  •   タ)、札幌駅南口開発㈱(ステラプレイス)の4社統合の準備
  •   として、札幌マーケット動向分析、4施設の現状分析を行い、
  •   札幌駅エリアにおける4施設の展開戦略プランを立案する。
  •  
  • 辻堂駅北口周辺地域まちづくり構想
  •  都市整備コンセプト計画検討業務
  •  計画期間   2004年9月~2004年11月
  •  面積     敷地面積 22.3ha
  •  開発主体   独立行政法人都市再生機構 藤沢市
  •         関東特殊製鋼株式会社 他
  •  開業時期   2007年以降
  •   JR東海道線辻堂駅前に広がる関東特殊製鋼工場跡地を有効活
  •   用するための都市整備コンセプト立案業務を行う。グループイ
  •   ンタビュー等を実施し、辻堂市民の生活意識及び生活ニーズを
  •   踏まえたコンセプトワードの抽出を行う。
  •  
  • アスタ西東京 リニューアル支援コンサルティング協力業務
  •  計画期間   2004年7月~2004年11月
  •  規模     延床面積 83,900㎡
  •         店舗面積 28,130㎡(88店舗)
  •  事業主体   ㈱アスタ西東京
  •  関係者    ㈱日本総合研究所
  •   田無駅前に位置するアスタ西東京のリニューアルに係るコンサ
  •   ルティング業務を行う。周辺競合店調査、進出予定大型店業態
  •   動向分析、来街者グループインタビュー、アスタ西東京MD及び
  •   出店店舗分析を行い、アスタ西東京の課題・今度の可能性抽出
  •   等、アスタ西東京のリニューアルの方向性検討を行う。
  •  
  • 日本橋浜町三丁目西部地区市街地再開発事業
  •  商業ゾーン環境にぎわい計画及びその他協力業務
  •  計画期間   2003年5月~2005年9月オープン
  •  規模     1.8ha(全体敷地面積)
  •         延床面積  98,400㎡
  •         住宅面積  52,200㎡
  •         事務所面積 24,500㎡
  •         商業面積  6,100㎡
  •  開発主体   日本橋浜町三丁目西部地区市街地再開発組合
  •  開業日    2005年9月
  •  関係者    行政担当課 中央区地域整備課
  •         コンサルタント (株)都市ぷろ計画事務所
  •         建築設計    (株)佐藤総合計画
  •   日本橋浜町三丁目西部地区再開発全体のグレード感と地域特性
  •   を活かし、商業ゾーンとして来街する人々に潤いと快適性や気
  •   分高揚を促す当商業ゾーンのあり方を環境にぎわい演出として
  •   計画する。
  •  
  • 横浜日本大通り 1号倉庫・2号倉庫活用計画 調査・企画業務
  •  計画期間   2003年11月~2004年1月
  •  面積     敷地面積 1号倉庫:265.47坪
  •              2号倉庫:117.39坪
  •         述床面積 1号倉庫:654.11坪
  •              2号倉庫:333.66坪
  •  開発主体   物産不動産㈱
  •   2005年4月末日で賃貸借期間が満了をむかえる「日本大通
  •   り1号倉庫・2号倉庫」の活用方法について、周辺市場動向を
  •   把握しつつ、事業の成立可能な商業施設(飲食・小売・サービ
  •   ス等の業態)としての活用方法を検討提案する。
  •  
  • 秋葉原駅前開発 6街区開発計画
  •  ビル低層商業ゾーンプランニング業務
  •  計画期間   2003年10月~2003年11月
  •  売場面積   330坪
  •  関係者    清水建設株式会社
  •   つくばエクスプレスの開業により今後さらなる発展が予想され
  •   る秋葉原駅前エリアにおいて、秋葉原駅前のマーケティング分
  •   析を行い、商業ゾーンコンセプトプランニング・ラフゾーニン
  •   グ提案・環境イメージ提案を行う。
  •  
  • 六本木三丁目地区土地有効利用事業に係る
  •  商業施設等の商品企画案検討調査業務
  •  計画期間   2003年7月~2003年11月
  •  対象地区   港区六本木三丁目7番街区
  •  面積     敷地面積 1,900坪
  •  開発主体   都市公団土地有効利用本部
  •   六本木ヒルズ、赤坂9丁目防衛庁跡地等の大規模開発により大
  •   きく変貌をとげている六本木地区において、六本木エリアでの
  •   施設(商業・住宅)の現状を捉え、今後予想されるトレンドを
  •   的確に把握すると共に、施設床を所有する権利者等の同意を得
  •   ることに繋がる商品企画案について検討を行う。
  •  
  • 自由ヶ丘駅前西地区再開発計画商業ゾーン事業化への
  •  仮説プラン策定業務
  •  計画期間   2003年2月~2003年6月
  •  面積     敷地面積 1,675坪
  •  関係者    清水建設株式会社
  •   特長ある商業が充実し街のブランド力を持った自由ヶ丘におい
  •   て、さらなる個性を放つ商業ビルのあり方を検討すべく、計画
  •   地周辺のマーケティング調査を行い、計画地の商業仮説プラン
  •   ニング、環境へのアイディア提案を行う。
  •  
  • 新国立美術展示施設
  •  飲食・物販施設展開提案 及び 施設活性化方策業務
  •  計画期間   2002年3月~2007年1月オープン
  •  面積     敷地面積 30,000㎡
  •  延床面積   47,960㎡
  •  開発主体   文化庁 独立行政法人国立美術館
  •  設計     黒川紀章・日本設計共同体
  •  関係者   (株)都市計画設計研究所  凸版印刷(株)
  •   平成18年の新国立美術展示施設の開館にむけ、施設に相応し
  •   い飲食及び物販業態の導入、民間参入方法の検討等の業務を行
  •   い、活力ある店舗運営とするための仕組みを構築する。また、
  •   周辺エリアを視野に入れた新展示施設活性化のための方策につ
  •   いても検討を行う。
  •  
  • 豊洲開発計画 商業動向調査
  •  計画期間   2002年9月~2003年3月
  •  規模     敷地面積 91ha
  •  開発主体   東京都 東京ガス豊洲開発(株)
  •  関係者    清水建設(株)
  •   築地市場の移転先となる豊洲埠頭における計画可能性を、立地
  •   周辺の都心開発動向から検証する。また、東京都心部における
  •   ウォーターフロントの観光動向の研究として、台場、横浜ウォ
  •   ーターフロントの事例からひもとき、豊洲埠頭91haのにぎ
  •   わい仮説計画を立案する。
  •  
  • あおば東急百貨店 たまプラーザ店 飲食街リニューアル計画
  •  テナントリーシングコンサルティング業務
  •  計画期間   2002年9月~2004年11月
  •          リニューアルオープン
  •  規模     約300坪(11店舗)
  •  関係者    (株)東急エージェンシー
  •   あおば東急百貨店たまプラーザ店(5F)飲食街リニューアル
  •   にあたり、周辺エリアの飲食動向調査やマーケティングリサー
  •   チを行い、飲食街全体のフロアーコンセプトと業態ミックス戦
  •   略計画を策定。
  •   計画に基づいたテナントリーシング業務を遂行する。
  •  
  • 札幌駅南口開発計画 商業施設計画
  •  実施ステージコンサルティング業務
  •  業務期間   2000年4月~2003年3月オープン
  •  規模     商業施設面積 30,000㎡
  •  事業主体   JR北海道
  •   全体規模27万㎡におよぶ札幌駅の複合大開発計画(百貨店・
  •   専門商業・ホテル・オフィス)における専門商業ゾーン(3万
  •   ㎡・専門店約160店舗)に対し、実施ステージとしてのMD
  •   コンサルティング業務及びテナントリーシングを行い、約16
  •   0区画のテナント誘致のコンサルティング業務を遂行する。併
  •   せて、販促・広告展開等のアドバイス業務を併務する。
  •  
  • 日本橋浜町三丁目西部地区
  •  再開発事業における商業施設計画 マスタープラン策定業務
  •  計画期間   2000年9月~2001年4月
  •  規模     1.8ha(全体敷地面積)
  •         延床面積 98,400㎡
  •         住宅面積 52,200㎡
  •  開発主体   日本橋浜町三丁目西部地区市街地再開発組合
  •  開業日    2004年12月(予定 )
  •  関係者    行政担当課 中央区地域整備課
  •         コンサルタント (株)都市プロ計画事務所
  •         建築設計    (株)佐藤総合計画
  •   143人の権利者からなる再開発事業の住宅(都市基盤整備公
  •   団550戸)・オフィス・商業施設の複合開発ビルにおける商
  •   業施設のあり方を、マスタープランとして策定し、あわせて、
  •   環境計画やテナントヒアリングを実施し、商業の可能性につい
  •   て考案する。
  •  
  • 南千住四丁目W街区、商業施設計画イメージプラン策定業務
  •  計画期間   2001年1月~2001年3月
  •  規模     店舗面積 20,000㎡
  •  開発主体   都市基盤整備公団 東京都荒川区
  •  関係者    (株)都市整備プランニング 都市生活施設(株)
  •   総面積2.75haにおよぶ南千住駅東口開発において、東京
  •   都住宅局(住戸数375戸)東京都住宅供給会社(331戸)
  •   都市基盤整備公団(585戸)の住宅開発に対応する商業施設
  •   計画のイメージプラン"ウィンナーアンサンブル"を提案する。
  •   テーマ性ある商業施設開発における集客力訴求を図る。
  •  
  • 川崎製鉄千葉製鉄所東工場用地
  •  寒川ウォーターフロント商業ゾーン 事業計画コンサルティング
  •  業務期間   1998年10月~2000年6月
  •  開発主体   川崎製鉄(株)
  •  開発予定   2004年
  •   全体規模311.7haにおよぶ製鉄工場地の再開発計画(千
  •   葉における新都心計画)のウォーターフロントエリア(約10
  •   ha)の商業開発計画のコンサルテーション業務を行う。事例
  •   研究をベースにし、構想プランニング業務、テナントヒアリン
  •   グ及び事業候補者企業との研究会を開き、事業実施への基盤づ
  •   くりを行う。
  •  
  • 那覇新都心中心街区 開発基本構想コンサルティング
  •  計画期間   1998年10月~2001年3月
  •  規模     約18,000㎡(新都心全体213ha)
  •  開発主体   地域整備公団
  •  検討主体   那覇新都心次世代街づくり研究会
  •   中心街区事業化促進部会新都心に新たに開通するモノレール駅
  •   型の駅前街区(192街区)について、観光客をも取り込む複
  •   合娯楽施設の開発コンセプトと空間計画の策定を行う。また事
  •   業成立のための事業計画及びディベロッパー・テナント対応全
  •   般をコンサルテーションする。
  •  
  • 札幌駅南口総合開発計画 商業施設計画 コンサルティング
  •  計画期間   1997年8月~
  •  規模     商業施設面積 約5,000坪
  •  開発主体   JR北海道
  •  建設設計   日本設計
  •  開業予定   2003年 春
  •   全体規模27万㎡におよぶ札幌駅の複合大開発計画(百貨店・
  •   専門商業・宿泊機能・業務機能)における専門商業ゾーン(3
  •   万㎡専門店約150店舗)に対し、マーケットリサーチ及びコ
  •   ンセプトプランニング・業種業態計画・テナント対応の商業コ
  •   ンサルティング業務全般をおこなう。
  •  
  • 宮城県矢本町駅前西地区市街地 再開発計画商業施設プラン策定
  •  計画期間   1997年6月~1998年5月
  •  規模     約10,600㎡
  •         (商業・公益施設・健康増進施設・宿泊施設)
  •  開発手法   通産省高度化資金(中小小売商業振興法による)
  •  開発主体   第3セクター(予定)
  •         全体プロデュース (株)都市整備プランニング
  •  建設設計   エンドウアソシエイツ(株)
  •   石巻市のベッドタウンとして成長する矢本町駅前の再開発事業。
  •   地元商業活性化を目的とするにぎわい施設のあり方の基本構想
  •   計画を策定する。また生活者の需要度調査としてのアンケート
  •   調査グループインタビューを実施する。
  •  
  • 小諸市中心市街地活性化基本計画策定
  •  業務期間   1999年8月~1999年11月
  •  推進主体   長野県小諸市
  •  チームリーダー (株)さくら総合研究所
  •   7商店街にわたる小諸市の中心市街地において、現状の問題点
  •   抽出、及び活性化の為の戦略を立案し市へ提案する。
  •  
  • 「秦野市シビックマート」構想CD街区施設計画策定
  •  及び 生活者受容度調査
  •  計画期間   1997年4月~1998年2月
  •  規模     敷地 1.1ha
  •  推進主体   秦野市
  •  チームリーダー さくら総合研究所
  •  建築設計   石本建築設計事務所
  •   1996年に計画した「秦野市シビックマート構想街づくりビ
  •   ジョン策定調査」をさらに進め、第Ⅰ期開発予定であるCD街
  •   区における基本構想案とよぶべき施設計画案を策定。あせてテ
  •   ナントプロモーション及びプランに対する生活者の受容可能性
  •   の調査を実施する。
  •  
  • みなとみらい21地区 45・46街区開発計画コンペ参加
  •  計画期間   1997年1月~1997年2月
  •  規模     約5,800坪
  •  参加グループ 清水建設(株)
  •   共立倉庫(株)所有地について、10年間の暫定利用計画のコ
  •   ンセプトワークを行う。みなとみらい21地区の新しい開発エ
  •   リア拡大のため、先導的な役割を持つ計画としての提案を行う。
  •  
  • 日本貨物㈱名古屋港駅用地開発計画コンペ参加
  •  計画期間   1996年9月~1997年1月
  •  規模     敷地 6.9ha
  •  参加グループ 清水建設(株)
  •   名古屋港の日本貨物(株)所有地についての複合開発計画を立
  •   案する。計画立案にあたり、テナントヒアリングを考慮し、よ
  •   り現実的なテナントミックスを想定した提案を行う。
  •  
  • JR北海道「旭川ターミナルビル リニューアル計画」
  •  計画期間   1996年9月~1996年11月
  •  規模     売場 約2,300坪
  •   旭川ターミナルビル「エスタ」が開業15周年を迎えるにあた
  •   り、従来のファッションビルとしての可能性について評価・診
  •   断を行う。また、駅前立地を生かしたファッションビル以外の
  •   新しい都市施設の展開の可能性についての検討も行う。
  •  
  • 千葉県企業庁「幕張新都心にぎわい創造計画」
  •  計画期間   1996年8月~1999年3月
  •  推進主体   千葉県企業庁
  •   幕張新都心の街でつくられるべきにぎわいのコンセプトの提案
  •   を行う。
  •   街の中ににぎわいの拠点を設定し、各拠点ごとに屋外の公共空
  •   間を利用したにぎわいの仕掛けアイディアの提案を行う。
  •  
  • 「秦野市シビックマート構想」
  •  本町中央地区街づくりビジョン策定調査
  •  計画期間   1996年5月~1997年3月
  •  規模     シビックマート全体 3.8ha
  •  当計画地   1.1ha
  •  推進主体   秦野市
  •  チームリーダー (株)さくら総合研究所
  •   秦野市中心市街地のシビックマート構想の中心街区における街
  •   づくりのイメージの策定にあたり、(株)さくら総合研究所の
  •   チームスタッフとして、街づくりコンセプト及び都市機能の展
  •   開プランのビジョンづくりを行う。
  •  
  • 札幌駅再開発計画プロジェクト
  •  計画期間   1996年4月~1996年11月
  •  規模     敷地 約4,500坪
  •  開発主体   JR北海道
  •   札幌駅再開発計画にあたり、業務・ホテル・商業の複合開発計
  •   画において、商業施設計画の構想案の策定を行う。
  •   商業マーケティング調査や生活者意識調査、観光客動向調査等
  •   を経て、地域生活者や観光客に向けた新しい都市型商業のあり
  •   方を提案する。
  •  
  • 「長野市中央通り活性化実施計画」商業活性化計画
  •  (長野市中央通り活性化策定委員会への提案)
  •  計画期間   1995年7月~1996年3月
  •  プロデュース オムネットワーク(株)
  •   長野中央通りを軸とした11商店街合同の"街づくり活動"にお
  •   いて、その専門委員会のひとつである新商業部会のディレクタ
  •   ーをつとめ、活性化への具体的商業戦略を提案した実施計画へ
  •   と結び付ける。
  •  
  • 長野銀座A1地区計画
  •  計画期間   1995年3月~1997年3月
  •  開業     2000年予定
  •  規模     約2,000坪(商業部分)
  •  プロデュース オム・ネットワーク(株)
  •  チームリーダー (株)メンターグループ
  •  環境計画   (株)ノード
  •   商店街活性化のための再開発ビル建設にあたり、商業ゾーンに
  •   おける開発計画の立案及び実施計画を進行中。
  •  
  • 「さいたま新都心 さいたまアリーナ」設計施工国際競技
  •  計画期間   1994年4月~1995年2月
  •  開業     2000年
  •  規模     14,000坪(敷地面積)
  •  協力企業   清水建設(株)
  •         ケビンローチ
  •         ディンケロー&アソシエイツ
  •         (株)電通
  •         日本経営システム(株) 他 多社
  •   「さいたまアリーナ」におけるにぎわいづくりとしての文化ア
  •   ミューズメント空間のコンセプト及び展開計画、事業計画及び
  •   テナントヒアリング業務。
  •  
  • 住宅・都市整備公団「新宿アイランド」商業創造計画
  •  計画期間   1994年5月~1995年5月
  •  開業     1995年5月
  •  規模     約2,000坪(商業部分)
  •  設計     日本設計
  •  照明計画   (株)ライティング プランナーズアソシエーツ
  •  環境計画   (株)アトモスクリエーション
  •  他協力会社  (株)資生堂/(株)日比谷花壇
  •         (株)サウンドプロセスデザイン
  •   高層オフィスビルの低層部商業施設のコンセプト策定、業種業
  •   態ミキシング、及び環境計画の策定を行う。また、環境計画の
  •   実施にともない会議体(新宿アイランドデザインコミッティ)
  •   の事業局兼進行業務を担当する。
  •  
  • 「大分県立病院跡地高度利用事業」提案競技
  •  計画期間   1994年4月~1994年5月
  •  開業     1998年10月
  •  規模     約4,700坪
  •  設計     清水建設(株)
  •   文化ホール(県有施設)・NHK大分放送センター・民間施設
  •   で構成する複合施設開発のコンセプト立案及び事業計画の策定
  •   を行う。
  •  
  • 読売新聞社「大阪支社 再開発計画」
  •  計画期間   1993年8月~1993年11月
  •  規模     延床 約6,000坪
  •  設計     大成建設
  •   読売新聞社の大阪本社移転計画にともなう遊休地利用計画の基
  •   本構想業務。
  •  
  • 東北建設機械販売㈱ 「仙台南目館開発計画」
  •  計画期間   1993年5月~1996年4月
  •  規模     敷地 約2,600坪
  •   遊休地を活用する郊外型商業・アミューズメント施設のプロデ
  •   ュース業務。
  •  
  • 野村不動産 「横浜山下町M記念館開発計画」
  •  計画期間   1992年7月~1992年12月
  •  規模     敷地 約300坪
  •         延床 約1,800坪
  •  開発者    横浜市 野村不動産
  •  設計     四倉周司建築研究所
  •   マリンタワーに隣接する計画地に人物記念館とショッピングエ
  •   リアを開発する計画。
  •  
  • 高松三越アネックス開発基本計画
  •  計画期間   1990年12月~1991年3月
  •  開業     1992年7月
  •  規模     約400坪
  •  設計     ワークショップ
  •   高松三越の別館構想のコンセプトワーク及び、業種業態計画。
  •  
  • 長崎屋 金沢西泉コミュニティセンター開発計画
  •  計画期間   1990年6月~1990年12月
  •  開業     1993年
  •  規模     10,000坪
  •  設計     (株)石本建築事務所
  •  環境設計   (株)アースワーカーズ
  •   GMSを中心とした複合SCのコンセプトワーク。
  •  
  • 港北ニュータウン・ファッション関連施設計画草案
  •  「JAFCO」(仮称)
  •  計画期間   1990年5月~1990年7月
  •  規模     10,000坪
  •  開発予定者  東急不動産株式会社
  •   伊藤忠商事株式会社 開発にむけての草案として
  •   「JAFCO」コンセプトを構想する。
  •  
  •  
pagetop