WORKS

(仮称)上海蓮花路駅ビル

プランニング業務

業務年 : 2017年

事業主 : 三井不動産株式会社

開業年:2020年

延床面積:31,000㎡

店舗数:約200店舗

 

 

●施設概要

上海市南西部・浦西(プーシー)エリアで最大の人口を有する行政区にある計画地の花路駅は1日あたり約11万人の乗降客数を誇る。今計画は上海メトロと三井不動産との共同事業であり、上海市としては初の地下鉄駅再開発事業である。

 

 

●当社業務

現状確立された駅ビル・駅ナカ施設がない上海で、プロトタイプとなる駅商業施設としてのコンセプト立案、MD戦略、フロア構成、ゾーニング提案、環境へのアドバイスを行う。

 

上海中心部の既存駅立地商業施設の利用実態や蓮花路周辺施設のMDレベルや生活者の支持動向を把握し、当計画における課題と可能性を抽出。同時に駅商業として必要な機能、集客ポイントの整理も行う。日本の先進事例を参考にした駅ビルの開発戦略を検討し、駅利用者や蓮花路生活者にとって使いやすく魅力的な商業計画を行う。