MAGAZINE

2019.12.10

販売士

女性はシビアに評価 飲食店のコスパ感

 

●人気店なのになぜ閉店?
 私のよく行く街のレストラン街に洒落たバールが数年前にオープンしました。他の店はレストラン街にありがちな大手チェーン店のとんかつ屋やうどん屋なのですが、ここは地元の歓楽街で数店舗を出す若手経営者のバールなのでどことなく異彩を放っています。例えば装飾もアパレルショップのようにお洒落でランプシェードに麻布を掛け、紫陽花のドライフラワーを天上から吊るし、キャンドルを何十本も飾るというセンスの良さが光ります。メニューも魅力的でいち早く地域のクラフトビールを導入したり日本産のワインをそろえたり、食材も○○村○○さんというようにこだわりが伝わります。「今日はこれを頼んだけど、次はこっちにしてみよう」とか「あなたのワイン、ちょっと味見させてね」などと友人との会話も弾みます。こんな様子なので昼も夜もお客の姿があり店は流行っている印象でした。
  
 ところがこの店が閉店してしまったのです。
 
― 続く―
 
 

●16年間も女性の行列が続く店
 同じレストラン街に16年間ランチタイムで女性の行列が毎日できる店があります。そこは大型の和食屋で15分待ちは覚悟の昼どきです。
 行列が嫌いな私はこの店を避けていましたが毎回見かける行列が気になり行くことにしました。行列の謎は簡単に解けました。
 
― 続く―
 
 

●知らぬ間にオーナーチェンジ、適性なくして客なくす
 こんな話もあります。
 都心で複数店ある名の通ったパスタの老舗を時たま利用していました。野菜が新鮮でパスタの定番メニューもあり手作りタルトが美味しく、何より働いている料理人やバイトの女性たちが元気で愛想良しでした。が、今年になり何となくタルトが貧弱になり、ランチセットのサラダやパスタの量が心なしか少なくなったように感じました。
 
― 続く―
 
 

●適性品質・適性量・適性価格が“コスパ良し”
 どんなリッチな女性でも自分の身近なモノやコトに対してはケチな目線を持っているものです。とてもリッチな友人と食事に行くと・・・
 
― 続く―

 
 
続きは、会報「販売士」2019年12月号をご購入のうえご購読ください。
 
(記:島村 美由紀/販売士 第35号(令和元年12月10日発行)女性視点の店づくり⑳掲載)